飲食店経営の枠から飲食業のあり方を追求しています。
高速道路の施設運営、アミューズメントレストランの経営、物販や商品開発等、より豊かな食文化を作りあげる企業でありたい。

Work of genge 01 飲食店営業部(飲食店経営)

2017年6月現在、愛知県名古屋市内に『豆家genge』『豆家茶寮』『hibari』『豆家のりのり』『豆家福福』『豆家別邸しびかま』『BeerSTA 1888』『豆家別邸しびかま花蓮~HANARE~』『BeerSTA NEW NAGOYA』の9店舗の飲食店を経営。

豆家グループには同じメニューで展開している店はなく、その場所に住んでいる人の顔、地域の顔を見て、店舗づくりをしている。
立地や、そこにしかないものをきちんと伝える、優しい店舗作りを今後も続けていく。

Work of genge 02 広域事業部(パーキングエリア運営)

飲食店経営で培ったホスピタリティを活かし、2010年4月23日、北陸自動車道神田PA上り内に『gengedou』をオープンさせ、運営を手がけている。
また、2012年3月、東海北陸自動車道川島PA アクア・トトぎふ内に『AROWANA GARDEN』を、2014年2月、川島PA内に「カワシマキッチン」オープン。

レストランだけでなく、東海地方のお土産も厳選し、物販事業もプロデュース。


飲食店営業部(飲食店経営)
genge_topsaryo_top
norinori_topfukubuku_slider01
shibikama_tophanare_top
beersta_top
hibari_top
広域事業部(パーキングエリア運営)
gengedou_toparowana_top
kawashima_top

Work of genge 03 商品開発

より多くの人に発信していきたいという思いから、「商品開発」も手がける。
地域の良いものを、豆家のフィルターを通し、多くの人にお届けする。

2012年7月には、中部地区のファミリーマート約700店舗で、
豆家茶寮ブロッサが監修したお弁当、うどん、サラダ、スウィーツ等
全6品が一斉発売し、好評を得る。

現在、『名代 豆家の釜揚げカレーきしめん』、
他のPB商品のの開発が進められ、順次販売される予定である。

Future 今後の事業展開ついて

食文化を通じて地域社会を元気にしていきたい、それが『株式会社 GENGE CORPORATION』の想い。

飲食店経営だけに留まらず、「食」を通じて、様々な事業を展開していきたい。

例えば、フードコンサルタントやレシピ開発など、
豆家グループが培ってきたノウハウを提供しつつ、
新しい世界を創っていく、そんなお手伝いもしていく。

また、勉強会・講演会など、「食」に関係することであれば積極的に取り組んでいく。


10_on
11_on
12_on
13_on